«

1月 27

適温で便利ウォーターサーバー

ウォーターサーバーのお湯というのは80度以上だそうです。
その80度以上というお湯があっという間に蛇口から出てきます。

ウォーターサーバーは喉が渇いた時に冷たい水をすぐ飲めて便利とは思いますが、実は子お湯を出す機能も人によってはとても使い勝手がいいんですよね。

何に使うかというと、お茶を入れるのにとても最適なんです。
紅茶は100度のお湯で入れるのが普通らしいですが、日本茶を入れるには80℃くらいのお湯、お茶によってはもっとぬるめのお湯が一番おいしく入れる事が出来る温度らしいんですね。

適温で入れることで、日本茶の甘味等の風味をしっかりと楽しむことができるんです。

と言っても、100℃ならともかく80度なんていう半端な温度はなかなか計れませんよね。
ウォーターサーバーならばだいたい80度というお茶を入れるのに適した温度のお湯を作ってくれるんです。

電気ポットもそのくらいのオンドだとは思いますが、そちらはお湯しか出いないのに対してウォーターサーバーは冷水も飲むことができることを考えれば、ウォーターサーバーは優秀ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>